株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

平凡に堅実に、一臨床家として[プラタナス]

No.5090 (2021年11月13日発行) P.3

北野夕佳 (聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院救命救急センター副センター長/同大学救急医学准教授)

登録日: 2021-11-13

最終更新日: 2021-11-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 「救急診療」は幅広い。軽症多数の一次救急から、救急搬送・重症の三次救急。どちらも重要だが、一次救急こそ紛れ込む重症を見抜く診療能力が問われる。

    富士救急医療センター(以下、富士救)夜勤。できる検査は血算・CRP・X線・EKG・超音波のみ。問診・診察能力だけで戦う、孤独な一次救急の一夜である。そこでの症例。

    45歳、男性。「飲みすぎて吐いている患者が妻の車で来院」との情報で車に向かう。

    後部座席でうずくまり唸っている患者。問診力が強烈な威力を発揮する。

    私「今日は普段になく飲みましたか?」

    妻・本人「いいえ、いつもと同じです」

    意識レベルはGCS E3V5M6。

    私「いつもはビール?焼酎?日本酒?どれを何杯くらいですか?」

    妻「いつも缶チューハイ2本です」

    私「いつから具合悪くなりました?」

    妻「今日もいつも通り2本飲んで、寝ようとしていたら、急に吐いて唸りだして」

    私の背中を冷や汗が伝う。

    私「頭も痛いですか?」

    本人「……(うなりながら)はい」

    私「突然『ガン』って痛くなりました?」

    本人「……はい」

    私「何かした時ですか?」

    本人「トイレで立ったら『ガン!』って」

    Thunderclap headache(突然発症・雷鳴頭痛)確定である。ここまで所要時間3分。

    残り411文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    page top