株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

整形外科医のための 肩のスポーツ診療のすべて

フルカラーでわかりやすい!
「肩」×「スポーツ診療」 を網羅した1冊

定価:8,250円
(本体7,500円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

編: 岩本 航(江戸川病院スポーツ医学科 部長)
判型: B5判
頁数: 496頁
装丁: カラー
発行日: 2021年12月25日
ISBN: 978-4-7849-5893-1
版数: 第1
付録: 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧


フルカラーでわかりやすい!
「肩」×「スポーツ診療」 を網羅した1冊

スポーツドクターがよく診る疾患はもちろん、稀な疾患まで「診療のすべて」を解説しました。
これからスポーツ整形外科を専門にしたいと思っている若手医師、知識をますますブラッシュアップしたいスポーツドクターなども1冊は持っておきたい網羅的な教科書です。

目次

  • 1章 総論

1.  肩関節周囲の解剖
2.  肩関節周囲のバイオメカニクスとキネマティクス
3.  野球投手の投球動作のバイオメカニクスと投球障害予防
4.  肩関節不安定症のバイオメカニクス
5.  肩関節周囲の運動連鎖
6.  肩のスポーツ診療における診察法(身体所見を中心に)
7.  肩のスポーツ診療に有効な画像診断(X線、MRI、CT)
8.  肩のスポーツ診療に必要な画像診断(エコー)
9.  投球障害肩の病態と治療の道筋


  • 2章 肩のスポーツ疾患

1.  インピンジメント症候群
2.  腱板損傷
3.  反復性肩関節脱臼
4.  肩鎖関節脱臼
5.  肩関節不安定症
6.  胸郭出口症候群
7.  スポーツにおけるSLAP損傷および上腕二頭筋長頭腱炎・損傷
8.  腱板疎部・関節上腕靱帯の病変(投球障害肩について)
9.  成長期・スポーツ障害
10.  肩のスポーツ外傷
 ・鎖骨骨折
 ・烏口突起骨折
 ・上腕骨近位骨端線離開
 ・投球骨折
 ・肩関節周囲筋肉離れ
 ・Burner症候群
11.  ハイレベルアスリートに見られる肩のスポーツ障害
12.  稀な疾患
 ・第1肋骨疲労骨折
 ・肩甲骨関節窩の離断性骨軟骨炎(OCD)
 ・肩甲胸郭関節滑液包炎
13.  肩痛を有するスポーツ選手の末梢神経障害

もっと見る

閉じる

序文

スポーツ外傷・障害の治療では選手が競技復帰するための高い目標設定が必要となる。従って選手に関わる治療者は競技特性を理解したうえで、診断から競技復帰、再発予防まで幅広い知識が要求される。肩関節の診療においては、肩関節周囲の局所的な治療もさることながら、全身の機能を含めた運動療法が必要不可欠である。そのため診療にあたっては、医師とリハビリテーションスタッフとの連携が欠かせない。職種を超えて共通概念を持ちながら、治療に望むことが重要である。

本書は、肩関節のスポーツ診療にあたるうえで必要な知識が網羅的にまとまっている。
1章では「総論」と題して、解剖からバイオメカニクスや画像診断など、日々の臨床や研究において最低限必要になることを解説している。
2章では「肩のスポーツ疾患」と題し、各疾患について診断から治療、手術、リハビリテーションまでを解説している。各項でいつも診療をともにされている医師と理学療法士、アスレチックトレーナーの先生方に共著による執筆をお願いした。

肩関節に関わる重要な用語や概念は、各項で繰り返し使用されているが、執筆者により様々な切り口で解説がされている。また類似した病態であっても、それぞれに評価方法やリハビリテーションの組み立ては様々である。本書を通読いただければ多面的なとらえ方ができるのではないかと思われる。日進月歩の医療において、治療者は常に知識をアップデートする必要がある。肩関節のスポーツ診療に関する最新情報が本書から得られるはずである。

本書が選手と向き合っている多くの治療者のお役に立てることを切に願う。出版にあたって尽力いただいた日本医事新報社の吉本様に深謝するとともに、本書の企画段階から協力をいただいた山田 慎先生、星加昭太先生、木島丈博先生にお礼を申し上げたい。

2021年12月
江戸川病院スポーツ医学科 部長
岩本 航

もっと見る

閉じる

正誤情報

下記の箇所に誤りがございました。謹んでお詫びし訂正いたします。

・ 6ページ  本文:下から6行目

〈誤〉「図6A」→〈正〉「図6」

もっと見る

閉じる

・ 89ページ 図13

図のタイトル・写真・説明文が異なっておりました。正しい写真をここに掲載いたします。

もっと見る

閉じる

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科医(泌尿器科)・消化器外科・整形外科 各1名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
令和4年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
又、地域から強い要望がありました透析業務を令和2年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科医)先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

もっと見る

関連物件情報

page top