株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

舌炎[私の治療]

No.5084 (2021年10月02日発行) P.44

加藤 宏 (東京歯科大学口腔顎顔面外科学講座)

登録日: 2021-10-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 舌炎には,萎縮をきたす舌炎と,構造に異常をきたす舌炎がある。前者には,①萎縮性カンジダ症に伴う正中菱形舌炎,②口腔乾燥症に伴う舌炎,③鉄欠乏性貧血(Plummer-Vinson症候群)に伴う舌炎,④悪性貧血に伴うHunter舌炎がある。後者には,地図状舌と溝状舌がある(「地図状舌・溝状舌」の稿参照)。ここでは萎縮をきたす4つの舌炎のうち,①および②について解説する(③および④は「赤色平滑舌」の稿参照)。

    ▶診断のポイント

    【萎縮性カンジダ症に伴う正中菱形舌炎】

    舌背中央~後方部,分界溝前方に左右対称性の赤みを帯びた斑を呈する。自覚症状は乏しく,時に軽度の疼痛や違和感を認める。病変部の糸状乳頭の消失が特徴である。

    【口腔乾燥症に伴う舌炎】

    唾液分泌量低下に伴う舌の乾燥感や疼痛,唾液の粘稠感,口腔不快感,味覚異常,口臭を呈する。口腔乾燥症の検査にはサクソンテストとガムテストがある。サクソンテストは,乾燥したガーゼを2分間一定の速度で噛み,ガーゼに吸収される唾液の重量を測定し,2g/2分間以下で陽性と診断する。ガムテストは無味のガムを10分間噛み,その間に分泌された唾液を小容器に集めて測定し,10mL/10分間以下の場合,陽性と診断する。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    【萎縮性カンジダ症に伴う正中菱形舌炎】

    無症候性の場合は加療の必要はなく,疼痛などを認める場合は対症療法として含嗽薬,トローチを使用する。カンジダ培養検査にて陽性の場合は抗真菌薬を併用する。

    【口腔乾燥症に伴う舌炎】

    シェーグレン症候群,糖尿病,薬剤性などの全身的要因が考えられる場合は専門医へ相談し,原因疾患の治療や内服薬の変更を依頼する。器質的疾患がないものについては含嗽薬,保湿ケア,人工唾液,唾液腺マッサージによる対症療法を行い,改善がみられない場合は漢方や唾液分泌促進薬の投薬を行う。

    残り1,038文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連物件情報

    page top