株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

折れない心(黒柳洋弥)[プラタナス]

No.5099 (2022年01月15日発行) P.3

黒柳洋弥 (虎の門病院消化器外科(下部消化管)部長・副院長)

登録日: 2022-01-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 私の外科医としての座右の銘は「折れない心」である。どんなに技術や知識があっても、心が折れてしまうと何の役にも立たない。

    腹腔鏡下直腸癌手術は私のライフワークと言える。開腹手術では狭い骨盤の中は暗くてよく見えなかったが、腹腔鏡は明るく拡大された良好な視野を与えてくれた。実際の手術は、お腹の中の剝離操作はすべて腹腔鏡下に行い、がんを取り出す時だけ約4cmの小開腹をおく。そしてがんを切除し、口側の腸に自動吻合器用の器具を装着するのだが、その際最も重要なことは口側の腸管の血流を維持することである。

    写真はある患者さんの直腸癌切除検体だが、2つのうち下の腸は本来切除しなくてもよかった部分である。それならなぜ切除したのか?

    残り614文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    page top