株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

門脈圧亢進症[私の治療]

No.5078 (2021年08月21日発行) P.39

國分茂博 (新百合ヶ丘総合病院肝疾患低侵襲治療センターセンター長)

登録日: 2021-08-20

最終更新日: 2021-08-17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 脈圧亢進症は単一の症候ではなく,門脈血行異常症や肝硬変などによる門脈圧上昇に伴う食道・胃静脈瘤破裂や腹水,肝性脳症,脾腫に伴う貧血や出血斑(血小板減少症)など多彩な症候であり,門脈血栓の出現は上述の症状を増悪させる。門脈圧亢進は肝内・門脈本幹から肝外に進展し,腹腔内にとどまらず,胸腔内にも症状を及ぼす。また近年,化学療法(オキサリプラチンなど)後の肝類洞閉塞症候群(SOS)や,肝臓癌分子標的治療薬投与中の高アンモニア血症や,時に肝性脳症という新たな病態も指摘されている。

    ▶診断のポイント

    【食道・胃静脈瘤】

    上部消化管内視鏡検査で肝硬変の7割に存在が認められる。肝機能正常で存在すれば,門脈血行異常症〔非硬変性門脈圧亢進症(NCPH)〕である。

    【異所性消化管静脈瘤】

    出血源精査として上・下部消化管内視鏡検査を施行し,十二指腸,回・結腸,直腸,肛門などの出血点を同定する。しかし,治療直前には可能な限り造影CTの施行が望ましい。

    【腹水】

    触診,腹部超音波検査にて少量か中等量か,内部エコーの有無を確認する。

    【肝性脳症】

    失見当識,羽ばたき振戦および高アンモニア血症では,造影CT・MRAにて肝外シャントの有無を検索する。

    【汎血球減少症】

    白血球,血小板数の推移を鑑みる。また,超音波,CTで脾腫の有無を確認する(「脾腫」の稿参照)。

    【門脈血栓】

    急激な腹水・胸水の増加や発熱を伴う場合は,超音波検査(B-MODE,カラードプラ),造影CTを行う。

    【血液の補助検査として】

    FIB4-Index,M2BPGi,Autotaxinを検索する。

    残り2,679文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連物件情報

    page top