株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

癒着胎盤に対するターニケット・テクニーク(池田智明)[プラタナス]

No.5121 (2022年06月18日発行) P.3

池田智明 (三重大学医学部附属病院病院長・産科婦人科教授)

登録日: 2022-06-18

最終更新日: 2022-06-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 2006年2月に産婦人科医が、業務上過失致死罪と医師法第21条違反で逮捕される事件が起きました。「大野病院事件」と呼ばれ、胎盤が子宮筋層に侵入して自然に剝離できない癒着胎盤に対して、予見できず無理にクーパーで切離したための出血死をきたしたと、福島地方検察庁から起訴された刑事事件です。これに対して、産婦人科のみならず医療界が、医師の医療上の行為が刑事事件に発展したこと、医師の裁量権の問題に踏み込んだことについて、猛反発しました。結果は、無罪となりましたが、その後、医療事故調査制度が設立されるきっかけとなりました。

    私は、同年の3月に国立循環器病センター(現国立循環器病研究センター)周産期科の部長として勤務していましたが、同様な癒着胎盤の症例に出会い、クーパーで癒着部を切離し、切離部を縫合止血する手術を行いました。これは、私が2000年初めに癒着胎盤における子宮温存法として開発したもので、帝王切開で胎盤が癒着した子宮を腹腔外に出し、子宮頸部を手やネラトンカテーテルで絞扼し、2本の子宮動脈と2本の卵巣動脈の血流を遮断する方法で、ターニケット・テクニークと名付けました(Ikeda T, et al:J Obstet Gynaecol Res. 2005;31(1):27-31)。

    残り394文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    page top