株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

頸椎症性脊髄症・頸椎症性神経根症[私の治療]

No.5091 (2021年11月20日発行) P.44

山崎正志 (筑波大学医学医療系整形外科教授)

登録日: 2021-11-20

最終更新日: 2021-11-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 頸椎症の病態は,椎間板・椎体・椎間関節など頸部の脊柱全体の加齢変化である。脊髄あるいは神経根の圧迫により神経症状を呈すると,頸椎症性脊髄症,頸椎症性神経根症と称される。

    ▶診断のポイント

    【症状】

    頸椎症性脊髄症では,手指のしびれ感,体幹・下肢の感覚鈍麻が両側性に出現することが多い。手指の巧緻運動障害,痙性歩行障害,排尿障害を呈する1)2)

    頸椎症性神経根症では通常,一側上肢の当該神経根支配領域への放散痛が生じ,続いて感覚鈍麻,脱力,腱反射低下などの神経脱落症状を呈する。

    【検査所見】

    神経学的所見としては,Spurlingテストなどの疼痛誘発テスト,感覚,運動,腱反射の所見により神経根症状,脊髄症状を判別する1)2)

    画像診断では,頸椎単純X線像で椎間板腔狭小化,椎体骨棘などの脊柱の変性所見を検出する。脊柱管前後径が12mm以下では脊柱管狭窄と判断され,脊髄症発生の危険性が高くなる。X線前後屈機能像で,後屈位に脊柱管が狭くなる動的脊柱管狭窄の有無を評価する。MRIでは,圧迫因子と脊髄・神経根の関係をとらえることができる。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    歩行障害,手指巧緻運動障害,排尿障害などの脊髄症状が重度の場合を除き,まず保存療法が選択される。特に神経根症状の場合は,保存療法にて軽快する確率が高い。

    脊髄や神経根が障害されると,頸部・背部・上下肢に疼痛やしびれが生じる。疼痛は侵害受容性疼痛(スパッと切れるような痛み)と神経障害性疼痛(灼けつくような痛み)に大別される。前者に対しては,非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が,後者に対しては神経障害性疼痛緩和薬が有効である。痙性が強い場合は,中枢性筋弛緩薬を併用する。長引く疼痛に対しては,ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液含有製剤,セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI),弱オピオイドが使用される。

    重症の脊髄症,すなわち,日常生活動作に不自由な手指巧緻運動障害,歩行困難を伴う痙性歩行障害,膀胱直腸障害が明らかな場合は手術適応となる。また,保存療法に抵抗性の,耐えがたい上肢痛を有する神経根症では,手術が適応されることがある。脊髄症が重度となり脊髄に不可逆性の変化が生じると,手術を行っても十分な神経症状の改善が得られなくなる。重度となる前に専門医にコンサルトし,手術の時期を逸しないように配慮すべきである。

    残り1,008文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科医(泌尿器科)・消化器外科・整形外科 各1名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
    令和4年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
    又、地域から強い要望がありました透析業務を令和2年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科医)先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

    もっと見る

    関連物件情報

    page top