株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

口が開けられない50歳女性[鑑別診断塾入門(18)]

No.5096 (2021年12月25日発行) P.11

塩尻俊明 (国保旭中央病院総合診療内科部長)

登録日: 2021-12-23

最終更新日: 2021-12-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【現病歴】X-1日,朝起きると喉に違和感があり,徐々に増悪した。喉の痛みのため昼は食事も摂れず,夜間は寝られなかった。X-0日,朝から口が開けにくくなったため受診。

<追加の情報>
先行する扁桃炎などはなし。唾液を飲み込む時にも痛みを自覚。喉の痛みの部位は前頸部で,前屈の状態で痛みは軽減するが,回旋・後屈で痛みが増強し,特に後屈で著明。体熱感あり。

【既往歴】1年前,慢性甲状腺炎。
【内服薬】レボチロキシンナトリウム25μg
【生活歴】飲酒,喫煙なし。
【バイタルサイン】BP 176/109mmHg,PR 109/min,RR 16/min,BT 37.6℃,SpO2 98%(RA),意識清明
【身体所見】前屈位で顎を胸につけている。後屈をさせることが痛みのため困難。後頸部に筋硬直はないが開口障害(1.5横指程度)あり。視診できる範囲で扁桃腫大なし。甲状腺腫大はあるが圧痛なし。前頸部に圧痛あり。頸部リンパ節腫大なし。

 キーワード 
・急性発症
・嚥下で増悪する前頸部痛
・開口障害
・前屈位が楽
・後屈で著明に疼痛が増強
・体熱感あり
・前頸部の圧痛

考えられる診断は?

A. 破傷風
B. 咽後膿瘍
C. 石灰沈着性頸長筋腱炎
D. Crowned dense症候群
E. 化膿性椎体炎

プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top