株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

上級医を目指す循環器治療手技 PCI【350本の動画を含む電子版付】

定価:7,920円
(本体7,200円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

編著: 門田一繁(倉敷中央病院 副院長/循環器内科 主任部長)
判型: B5判
頁数: 316頁
装丁: 口絵カラー
発行日: 2021年11月12日
ISBN: 978-4-7849-6318-8
版数: 第1版
付録: 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧


・圧巻の動画350本! 施設の枠を超え,PCIの工夫がここに集結。
・「上級医になったら遭遇するかも」では遅い!――“いま”頭に入れておくべき知識を症例ベースでリアルに解説。
・そのとき,上級医はどう対応したか――自施設ではなかなかみられない稀なケースも多数収載。

診療科: 内科 循環器内科

目次

1章 特殊な病態に対する対応
1 特発性冠動脈解離による急性冠症候群
2 大動脈解離に伴う急性心筋梗塞
3 冠動脈拡張症に伴う多量血栓病変
4 川崎病に対するPCI ─ 石灰化に伴う狭窄

2章 ガイディングカテーテル
1 右冠動脈医原性解離のベイルアウト
2 カテーテルによるコレステロール塞栓症

3章 ガイドワイヤー
1 ガイドワイヤーによる冠動脈穿孔のベイルアウト
2 ガイドワイヤーの離断と末梢捕捉
3 分岐枝ワイヤー選択困難 ─ reverse wireの工夫
4 側枝のjailed wireスタックからのベイルアウト
5 ガイドワイヤーによる側副血行路の損傷 ─ 中隔枝
6 ガイドワイヤーによる側副血行路の損傷 ─ 心外膜血管

4章 バルーン
1 バルーン通過困難
2 バルーンデフレート不能による抜去困難
3 バルーンによる冠動脈破裂
4 分岐部/ステントストラットバルーン通過困難
5 有効なPOTの考え方と実施方法

5章 ステント
1 ステントデリバリー困難
2 ステント脱落
3 ステント変形
4 ステントフラクチャーによる再狭窄
5 冠動脈ステント入口部突出例に対する再PCI
6 グラフトマスター使用例

6章 ロータブレーター
1 高度屈曲病変に対するロータブレーターの工夫
2 ロータブレーターで高度バイアス発生時の対応
3 ロータブレーターによる冠動脈穿孔
4 ロータブレーター後のslow flow/no flow
5 ロータブレータースタック症例からのベイルアウト

7章 IVUS
1 IVUS抜去困難 ─7Frのガイディングカテーテル使用時
2 IVUS抜去困難 ─6Fr以下のガイディングカテーテル使用時

8章 特殊な病変に対する対応
1 OCTガイド ─ 2ステントストラテジー
2 石灰化病変でOCTが有効であった症例
3 HITによるステント血栓症
4 超遅発性ステント血栓症
5 冠動脈血腫形成および血流低下をきたした症例
6 TAVI時冠動脈インターベンション施行例
7 TAVI後冠動脈インターベンション施行例
8 心筋ブリッジのため虚血評価困難な症例
9 高度石灰化病変─Coronary Orbital Atherectomy System
10 左主幹部3分岐病変

もっと見る

閉じる

序文

PCIの手技の上達のためには,基本的な手技から,より複雑な手技を症例から学ぶとともに,様々なトラブルや合併症の対処法を自分で経験し,あるいは他の術者の症例をカテ室で実際に共有することが重要である。このことをスタッフに勧めてきたし,また,個人的にもそのように心がけてきた。ただ,現在,様々なデバイスの導入や手技の向上で,従来は数%の頻度で認めていた合併症を経験することが減ってきている。実際に,ステントデリバリー困難な高度屈曲病変でも,ガイドエクステンションカテーテルを用いることで,より安全で,確実にステントの留置ができるようになってきているし,また,血管内イメージングの活用で,冠動脈穿孔などの合併症を経験することも非常にまれになっている。
そのようななか,合併症の適切なベイルアウト法などをあらかじめ確認しておき,実際に合併症を経験した時の手技や対応に生かせるようにしておく必要がある。今回,日本のPCIのエキスパートの先生方に合併症時の対応や予防法,さらには複雑病変に対するPCIの“tips and tricks”などを,御自身のこれまでの豊富な経験のなかから,症例を選択し,提示していただくとともに,ご解説をお願いした。また,紙面のみでなく,多くの動画を付けていただくことで,その理解が深まり,ビデオライブのような側面ももたせることができた。それぞれの手技や対応には各先生のこれまでの経験に裏打ちされた理論があり,それをもとにした治療の工夫を学ぶことのできる教育ツールになったものと思われる。
PCIの手技上達のための内容としては不足しているものも多いと思われるが,今回,編者として,各種デバイス,病態,病変関連の40のテーマに絞り,原稿を依頼させていただいた。原稿を読ませていただくなかで,各先生方のPCIの手技に対する深い思いとこだわり,さらには論理性を随所に感じ取らせていただいた。本書を活用し,理論と実践を深め,PCIの上級医をめざしていただければ幸甚である。

2021年10月
倉敷中央病院 副院長/循環器内科 主任部長 門田一繁

もっと見る

閉じる

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top