株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

形成外科スタートブック キレイな縫合と手術の基本を身につける!【電子版付】

定価:9,350円
(本体8,500円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

編者: 三川信之(千葉大学大学院医学研究院形成外科学 教授)
判型: B5判
頁数: 172頁
装丁: カラー
発行日: 2022年01月28日
ISBN: 978-4-7849-5866-5
版数: 第1
付録: 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧


初めて形成外科を学ぶ専攻医、形成外科を志望する初期研修医にはまずこの1冊!

  • 形成外科の基本となる「縫合」、「処置」、「手術」を知ることができます。
  • 図や写真を多用した視覚的にもわかりやすい紙面が本書の特徴です。
  • 実際の処置や手術の動画(25本)を紙面のQRコードを読み取ることで閲覧できます。
診療科: 形成外科 形成外科

目次

1章 形成外科の縫合

1 皮膚縫合法
2 整容性の高い縫合を行うためのエキスパートのコツ集

2章 形成外科における基本的な処置、小手技

1 外傷処置におけるデブリドマン、ドレナージ
2 褥創の管理、局所処置
3 麻酔(局所、ブロック麻酔)

3章 形成外科の基本手術

1 局所熱傷の対処法
2 慢性皮膚潰瘍の対処法
3 皮膚欠損の対処法
4 皮膚腫瘍の対処法
5 顔面外傷の対処法
6 四肢外傷の対処法

もっと見る

閉じる

序文

私が形成外科医になる前の一般外科研修中のことです。胃癌の手術を無事終了した患者様の術後の訴えは胃部ではなく、腹部の創痕に対してでした。皮膚表面にはステープラによる縫合糸痕(suture mark)が著明に残存していたからです。千葉大学病院では数年前まで初期研修医を対象に「真皮縫合コンテスト」を行っていましたが、その主催は形成外科ではなく消化器外科の教室でした。外科医は機能を治すのは当然でありながら、整容面も意識して傷跡に治すことが求められる時代であると言えます。形成外科の対象疾患は頭頂部から足先に及ぶ全身であり、年齢・性別も新生児から高齢者まで、「老若男女」すべてが対象となります。そのため基本手技はきわめて多岐にわたり、その習得にはそれなりの時間と労力を要します。

本テキストは、初めて形成外科を学ぶ専攻医を対象とし、形成外科の基本事項と手技を身につけることができるように編集いたしました。執筆者は千葉大学形成外科学講座で活躍する先生方に専門分野を考慮してお願いしました。項目を形成外科における「縫合」、「基本的な処置」、そして各分野における「基本手術や対処法」の3つのパートに分け、図や写真を多用してそれぞれを分かりやすく解説しております。手技の習得には実際の処置や手術を目で見ることが最良の近道です。基本手技の動画を閲覧することにより、視覚にも訴えられるようになっています。

本書は前述のように、初めて形成外科を学ぶ専攻医が対象ですが、形成外科医を志す初期研修医、形成外科専門医取得前の後期研修医にも十分に役立つ内容となっています。優れた形成外科医になるためにはスタートが肝心です! 本書をお役立て頂けましたら幸いです。

千葉大学大学院医学研究院形成外科学 教授
三川信之

もっと見る

閉じる

関連書籍

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

page top