株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

学習障害(LD)・限局性学習症(SLD)[私の治療]

No.5089 (2021年11月06日発行) P.47

稲垣真澄 (鳥取県立鳥取療育園園長)

登録日: 2021-11-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 学習障害(learning disorder:LD)は「DSM-5精神疾患の分類と診断の手引」では,限局性学習症/限局性学習障害(specific learning disorder:SLD)と称される。全般的知的能力が平均域以上であり,学習環境に問題がないのにもかかわらず,読字,書字,計算,数的概念など,特定の領域における学習の習得困難を示す。読字障害(発達性ディスレクシア,発達性読み書き障害),書字障害,算数障害等に分類される。

    ▶診断のポイント

    知能が平均域以上にもかかわらず,特定の領域での学習の習得が学年相当ではない状態を診断する。

    読字障害を呈する例が最も多く,読みの正確性,流暢性(速度)に問題を認める。通常,読字だけでなく書字障害も伴う。病態生理としては,言語の音韻障害が主たる原因と考えられている。音韻障害とは,音(音素・モーラ)の認識と分割に困難があり,文字(綴り字)との対応づけを習得できない状態と考えられており,左側頭・頭頂移行部の機能異常とされる。書字障害は,読みに異常はなく,日本語話者では漢字書字でつまずくことが多い。綴り字の正確さ,文法や句読点の正確さ,文章の構成能力などに遅れを認める。算数障害は,特に算数の習得で必要な計算,図形や空間の認知,算数的推論などに支障をきたす状態である。読字障害に合併することが多い。

    LD児では,注意欠如・多動症(attention deficit hyperactivity disorder:ADHD)や自閉スペクトラム症(autism spectrum disorder:ASD)の併存も多い。特にADHDは不注意優勢タイプもあり,併存に気づかれないこともある。学校での不適切な対応や失敗体験のため自尊感情が低下し,不登校をきたすこともある。また発達性協調運動症(developmental coordination disorder:DCD)の併存も多い。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    基本的には,教育的支援,心理・社会的支援が中心になる。LDに効果のある薬物療法はない。ADHD併存の場合,抗ADHD薬(「注意欠如・多動症」の稿参照)により不注意などが改善し,書字や学業成績の改善を認める例がある。

    残り887文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    関連物件情報

    page top