株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

【PR】新型コロナウイルスの消毒・除菌も対応 誠実な対応が信頼を集める院内清掃サービス(トラスト・クオリティー)[医事新報厳選!感染防止対策ツール]

登録日: 2021-12-01

最終更新日: 2021-12-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラスト・クオリティー

https://clinicseisou.com/(クリニック向け)
https://officeseisou.com/(クリニック以外)
https://trust-q.co.jp/(企業サイト)

  

新型コロナウイルスの感染拡大により、医療機関を受診する際に「院内の清潔感」を重視する患者が増えている。清潔で快適な院内環境の整備は、感染防止効果だけでなく集患の重要な要素となる。患者にとって「クリニックは清潔で当たり前」というwithコロナ時代にクリニックのスタンダードとなりつつあるのが、プロの清掃業者による院内クリーニングサービスだ。コロナ除菌にも対応可能で、一都三県を中心に丁寧な対応と仕上がりに定評がある「クリニック清掃ドットコム」のサービスを紹介する。

クリニック清掃ドットコムはトラスト・クオリティー株式会社が運営するクリニック専門の院内クリーニングサービス。一部地域で大手自動車ディーラーの販売店のクリーニングを請け負っていることもあり、同社のクリーニングサービスについて北村茂敏COOは、「技術(仕上がり)は一流、顧客対応も一流、価格は二流を目指しています」と語る。少数精鋭の経験豊富なスタッフによるアットホームできめ細かなサービスが好評で、定期清掃を依頼された顧客のリピート率が高く、HPにはスタッフの写真を掲載するなど自信のほどが窺える。

 

同社のクリーニングサービスは、高品質なワックスを使用、機械がカバーできない部分は手作業で対応するなど手間をかけて仕上げているため、他社と比べて決して安いわけではない。しかし、これまで途中解約は閉院に伴う1件のみという実績が顧客からの信頼を物語っている。大手清掃会社とも提携し、繁忙期でも変わらないサービスを提供できる体制を整えている。

「清掃のような労働集約型のサービスで、驚くほど値段が安く質も高い、ということは不可能だと考えています。HPでは上限の価格を表示し、透明性を大切にしています。『何社かの業者に清掃を依頼したが、どこも仕上りがあまり変わらない』と不満を持つ先生方から好評をいただいています」



ワックスが他社に比べて長持ちする

同社のクリーニングサービスを定期的に利用しているのが東京・中央区にあるリバーシティすずき整形外科だ。同院は院長の鈴木秀彦さんが慈恵医大整形外科講座の医局長を経て、2015年5月に開業。鈴木さんは日本整形外科学会専門医で、専門性を有する「地域のかかりつけ医」を目指し、「生涯、笑顔でスポーツを。生涯、笑顔で健康に」を理念に掲げ、運動器リハビリテーションにも力を入れている。

膝関節専門外来を設置するなど専門性の高い診療内容と東京駅から約2㎞で付近にはタワーマンションが立ち並び、富裕層が多く大学病院志向が強い土地柄もあり、開業以来集患は順調。2019年6月にはリハビリテーションルーム、診察室処置スペース、スタッフ室を中心とした工事を行い、開院当初の79坪から106坪に拡張した。リハビリスペースには自然光が差し込み、都心部の〝ビル診〟とは思えないゆったりとした清潔な空間が印象的なクリニックだ。

同社は年3回程度、同院の休診日を利用して総勢10人程度のスタッフが1日がかりでワックスがけを含むクリーニングサービスを実施。床清掃に使用するポリッシャーは丸い形状をしているので、行き届かない部屋の隅の床は手作業で丁寧に汚れを除去する。同社のクリーニングサービスについて鈴木さんはこう評価する。

「ワックスの持ちが非常によく、ツヤのある状態を何カ月もキープできています。開業当初から定期的にお願いしていますが、対応がとてもよく、仕上がりも素晴らしいので、今では自宅のハウスクリーニングも北村さんにお願いしています」

同院は多くのクリニックが患者減に苦しんだコロナ禍にあっても、2020年6月以降は患者が増え続けている。緊急事態宣言後、早々に院内入口に「サーマルカメラによる発熱者自動検知システム」を設置し、体温のリアルタイムスクリーニングを可能にした。待合室の密を避けるため、WEB予約システムを活用、順番表示システムを利用して、院外で待つ患者には順番が来たら携帯電話で知らせるシステムをとる。入口で診察券をかざすと順番票発券と電子カルテチェックインが同時にできる自動システムを稼働。HP上では同院の感染症対策や考え方を公表し、公式LINEページでも発信した。

「こうした院内の感染症対策に加え、清潔な印象の院内空間を保っていることが、患者さんに安心して通院してもらえる要因になっているのだと実感しています」(鈴木さん)

エアロゾル感染対策にも対応

同社が新たなクリーニングサービスとして取り組むのが新型コロナウイルスの消毒・除菌作業。新型コロナウイルスを1カ月間不活化する除菌剤を使用して、消毒作業・除菌清掃メニューを実施している。電話またはLINEからの問い合わせに応じ、即日対応も可能で、陽性者の発生状況など、クリニックの現場状況をヒアリングした後、机や椅子、ドアノブ、手すり、スイッチ、キーボード、マウスなど除菌剤を使用した拭き上げ除菌を行う。ウイルス不活性化除菌剤を専用の機器にて噴霧し、空間を消毒する流れになる。訪問から消毒作業完了までの作業時間の目安は、200㎡の場合、作業員2人で1.5時間〜2.5時間程度を想定。料金は1㎡あたり900円となっている(2回目以降割引きあり)。

またエアロゾル感染対策として、ウイルスや菌のたまりやすい換気扇やエアコンの分解洗浄、空気清浄機の清掃メニューも用意している。

「これからはウイルスと共存していく時代です。こうした前提に立って、患者さんに安心してもらえる清潔な空間を提供することができるかを考え、クリニック様のニーズに丁寧に応えていきたいと思います」(北村さん)


日本医事新報5092号別冊付録「感染防止対策特集」より

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top