株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

疼痛を説明する異常をCTで指摘できるか?[画像診断道場~実はこうだった(201)]

No.5094 (2021年12月11日発行) P.1

森井和彦 (姫路赤十字病院総合内科部長)

多田俊史 (姫路赤十字病院肝臓内科部長)

中村進一郎 (姫路赤十字病院副院長)

登録日: 2021-12-09

最終更新日: 2021-12-08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

55歳,女性。1週間前に左背部痛のため通院中の内科医院を受診。心電図,胸腹部単純CT検査を受けたが,原因不明のため,当科紹介。既往歴は高血圧と緊張型頭痛。喫煙は20歳の頃1年間,飲酒なし。服薬はARB・Ca拮抗薬の配合錠。家族歴は母親がくも膜下出血で死亡(54歳),父親肺癌。
意識清明,血圧168/107mmHg,心拍数81/分・整,体温35.6℃,SpO2 98%。皮疹なし,心音は清で過剰心音なし,呼吸音清,右季肋部に凹凸・弾性硬の肝臓を5cm触知。
WBC 4600/μL,Hb 13.4g/dL,Plt 25.5万/μL,,AST 20U/L,ALT 17U/L, ALP 219U/L (<323),LD 202U/L,γ-GT 55U/L,AMY 91U/L,Cr 0.67mg/dL,CRP 0.02mg/dL,尿沈渣異常なし。






プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top