株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

縦隔気腫を指摘された15歳女性[キーフレーズで読み解く 外来診断学(267)]

No.5115 (2022年05月07日発行) P.1

監修: 生坂政臣 (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

田村弘樹 (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

山下志保 (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

鋪野紀好 (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

野田和敬 (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

登録日: 2022-05-05

最終更新日: 2022-05-02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1カ月前からの倦怠感を主訴に近医を受診。原因検索目的に胸腹部CTが施行され,縦隔気腫を認めたため当科を紹介受診した。嘔吐・下痢はなく,食欲低下はないが減量目的で食事量を4カ月前から2割減らし,12㎏の体重減少がある。体力増進目的に4カ月前よりランニングを始めた。1年前に初経,4カ月前から無月経。

既往歴に特記事項なし。便秘に対して市販の下剤を頓用。

身体診察では,体温36.9℃,脈拍50回/分,血圧98/71mmHg,呼吸数16回/分,SpO2 99%。身長150.8cm,体重28.2kg(BMI12.4)。両側の耳下腺腫脹と四肢・体幹に産毛を認める。

血液検査での異常値は,TP 6.3g/dL,AST 191U/L,ALT 206U/L,LD 931U/L,CK 2171U/L,T-Bil 1.7mg/dL,BUN 49.6mg/dL(Cr 0.83mg/dL),P 2.2mg/dL。

胸部X線写真は特記所見なし。前医での胸腹部CTを示す (図1)。

研修医の診断:特発性縦隔気腫

プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top