株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

借りた物でも,無断で持っていったら泥棒だろう![病院トラブル─事務方の解決法(9)]

No.5122 (2022年06月25日発行) P.64

大江和郎 (元東京女子医科大学附属成人医学センター事務長)

登録日: 2022-06-22

最終更新日: 2022-06-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療機関では,日々,様々な物が患者に貸し出されています。しかし,貸し出せる物の数にも限りがあり,貸し出した患者の利用状況を見て,他の患者に貸すこともあります。

 患 者:さっき売店から戻ってきたら,ベッド脇に置いてあった車椅子がなくなっていた のだが……。

 看護師:今日入院した患者が車椅子を必要としたので,貸し出してしまいました……。

 患 者:なに! 体調が悪いときに使おうと思っていたのに……。しかも無断で勝手に貸し出すとは,けしからん!

 看護師:最近は車椅子を使用するのを見かけなかったので……。病院の所有物ですし,もう使用しないと判断して,今日入院した患者に貸し出してしまいました。

 患 者 :いくら病院の所有物だからと言っても,無断で持ち去ったら泥棒じゃないか!

正しい対応はどちら?

①車椅子はもともと病院の所有物であり,数にも限りがあります。申し訳ございませんが,利用状況を判断した上で,こちらで決定させていただきます。

②現在,すべての車椅子を貸し出しております。どうしても今日入院した患者に必要だったもので,事前にお断りしなかったことについてはお詫びします。改めまして,他の方にお貸ししてもよろしいでしょうか。

事務長の見解

会話の通り,もともとは病院の所有物でありますから,どのように使用するかは病院側が自由に判断してもよいかと思えます。しかし,所有権は病院にあっても貸与した場合には患者に占有権があり,断りもなく勝手に使用することはできません。①のように所有権を主張するような対応をした場合,患者の心情を益々エキサイトさせてしまいます。②のようにまずお詫びして,必要だった理由をきちんと説明して患者の承諾を得ましょう。

詳しく解説すると……

1. 医療機関の備品の貸与

外来・入院を問わず,医療機関では患者に対し,備品を貸し出すことが多々あります。たとえば,体温計や食器などで,事例の車椅子もそうです。特に入院の最初の頃は移動に車椅子を頻繁に使用しても,回復して徐々に車椅子を使用することも少なくなってきます。しかし,特に期限を定めずに貸与している場合が多いかと思われます。希望する患者全員に貸し出せるほどの車椅子を所有している医療機関は少なく,症状から判断して順次必要とする患者に貸与しているのが実情です。

当然,次の患者に貸与するときは,事前に貸与している患者に断って対応しますが,たまたまベッドに患者が不在で,借用したい旨説明ができずに次の患者に貸与してしまうケースもあります。患者としては占有権を主張しますが,医療機関も所有物であることを主張して,双方衝突する事態も生じます。







プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

page top