株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

気管支の枝読みで考える 胸部画像診断入門 肺既存構造と区域解剖学から学ぶ読影の基礎【電子版付】

類のない画像点数と構成で、“わかりやすい”ではなく、『わかりに行く』!

定価:5,720円
(本体5,200円+税)

数量

カートに入れる

著: 佐藤 功(清仁会宇多津病院放射線科画像診断センター長)
判型: B5判
頁数: 266頁
装丁: 口絵カラー
発行日: 2022年01月10日
ISBN: 978-4-7849-6330-0
版数: 第1
付録: 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧


  • 失敗しながらでもいい! 1か所でもわかると、それをもとに周囲がパッとわかってくる。読影者自身が気管支の内部に入ったつもりで,気管から主気管支,肺葉気管支から区域気管支,亜区域気管支,さらに末梢へ――巷に溢れる陰影や機序の解説本とはひと味違った、「気管支の枝読み体験」をしてみませんか? 骨陰影も収載しています。
  • 「枝読み…しようと思っていないんだけど」という先生にこそお勧めします! 今さらセミナーを受けるのは恥ずかしくても、本書でやさしいトレーニングをしていけば、確実に実用につながります。
  • 開始から14年以上、170回を超えるレジデント読影勉強会で蓄積された指導経験を踏まえ、丁寧に解説しています。

目次

はじめに
本書の読み方
第Ⅰ章 解剖
1 X線単純写真
 1. 肺野の辺縁
 2. 気管支樹
 3. 中枢気道
 4. 傍気管線
 5. 中枢肺動脈
 6. 肺野末梢の血管分布の概念
 7. 肺の範囲・肺の辺縁
 8. 奇静脈食道陥凹
2 CT
 1. 正常解剖
 2. 気管支分岐異常
 3. 縦隔内血管の分岐異常・正常変異

第Ⅱ章 症 例
1 軟部陰影
 Case1  Recklinghausen 病
 Case2  疣贅(イボ)
 Case3  豊胸術後
 Case4  漏斗胸
 Case5  Poland症候群
2 骨陰影
1. 肋骨
2. 椎体
 Case1  頸椎肋骨(頸肋,腰肋)
 Case2  骨島
 Case3  腺癌の右第2 肋骨浸潤
 Case4  腺癌とその椎体転移
3 肺門陰影
 Case1  腺癌
 Case2  扁平上皮癌
 Case3  腺癌
 Case4  胸腺腫
4 シルエットサイン
 Case1  アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)
 Case2  左下葉無気肺(左下葉気管支の炎症性変化による)
 Case3  左下葉無気肺(左下葉末梢の慢性炎症による)
 Case4  左上葉無気肺(扁平上皮癌)
 Case5  左上葉無気肺(扁平上皮癌)
 Case6  腺癌
 Case7  腺癌
 Case8  大動脈瘤
 Case9  左腕頭静脈走行異常(左上大静脈遺残)
5 気管支・血管分岐
 Case1  小細胞癌,縦隔リンパ節転移
 Case2  右上葉無気肺(扁平上皮癌)
 Case3  扁平上皮癌
 Case4  気管支結核,肺結核
 Case5  気管支閉鎖症
 Case6  腺癌
 Case7  アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)
 Case8  肺分画症(肺底動脈大動脈起始症)
 Case9  肺分画症
 Case10  シミター症候群(部分肺静脈還流異常症)
6 空洞・囊胞
 Case1  腺癌
 Case2  腺癌
 Case3  ニューモシスチス肺炎,扁平上皮癌
 Case4  サルコイドーシス
7 葉間線
 Case1  扁平上皮癌
 Case2  葉間胸水,胸水
 Case3  奇静脈葉
終 章  
画像は隅から隅まで
Case   右肺が左肺型の2 葉(左右のミラーイメージ),奇静脈連結,腹部臓器逆位
おわりに

Lesson 1 傍心膜脂肪組織
Lesson 2 大動脈弓不鮮明(脂肪沈着,生理的現象)
Lesson 3 左肺動脈明示化(縦隔気腫例)
Lesson 4 右葉間が明瞭な例
Lesson 5 肺の範囲(前接合線の偏位)
Lesson 6 両側のB7の正常変異
Lesson 7 左上葉気管支から舌区気管支が水平方向に分岐
Lesson 8 下葉気管支と肺動脈の関係
Lesson 9 気管支の娘枝
Lesson 10  左上葉無気肺による容積減少の見え方と葉間の位置
Lesson 11  胸部X線写真側面像の解析
Lesson 12  気管支閉鎖症
Lesson 13  区域をまたぐ存在
Lesson 14  びまん性粒状影の鑑別パターン 
Lesson 15  胸部X線写真における葉間線の描出
Lesson 16  incomplete border sign(不完全辺縁サイン)

もっと見る

閉じる

序文

現在の診療の現場では,胸部画像診断は胸部X線写真とそれに続くCTが主であろう。なかでも胸部X線写真はその歴史も長く,現在の臨床の場でも最も使用されるもののひとつである。その画像解析や読影方法は長年にわたる先人の知識や経験の膨大な蓄積に基づいている。さらに,CTなど新たな診断機器の出現とその解像度の向上も,診断の領域に大きな力を注入できる地平が開発されてきている。

1976(昭和51)年に大学卒業の筆者は,1980(昭和55)年頃,胸部画像の診断で,いわゆる「目からウロコ」状態の,驚きの,いわばカルチャーショックとも言える衝撃を経験した。それは,札幌医科大学内科学第三講座教授,鈴木 明先生の講演で,当時の主であったモダリティーとしての断層写真,さらに日常臨床に広く利用されつつあったCTを含めての区域解剖に基づく画像解析,画像診断である。すなわち,気管支や血管などを同定・解析することにより,肺の詳細な部位の同定が可能となり,それを疾患に特有な進展様式と関連づけて解析することであった。今や通常の読影手段であるが,初めて聞いたときの衝撃は今でも忘れられない。

ところが近年,すべての初学者が肺既存構造を念頭に置き,区域解剖を含めての読影手法を実施するには少しのハードルがあるように思われた。この思いを強くするようになったのは,「香川胸部CT症例検討会」がきっかけである。香川県内の研修医の先生方への基本的な読影勉強会で,月に1回行われている。この原稿を執筆する時点では170回を超え,開始以来14年以上を数える会での経験である。この会では,1症例に1時間をかけて胸部X線写真からそれに続いてCTを読影し,診断を考えることを主眼としている。初学者が最初に画像に対面する時に多少の戸惑いを感ずる様子は少なくないが,回を重ねると,次第に容易に解析できるようになるのが感じられる。

知識として理解する区域解剖を,実際の臨床画像の読影時に応用すべく,実践を通しての読影,および確診へのツールとなることを願い,本書にまとめ上梓した次第である。

2021(令和3)年12月
佐藤 功

もっと見る

閉じる

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top