株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

医療・介護関連肺炎(NHCAP)[私の治療]

No.5074 (2021年07月24日発行) P.34

南宮 湖 (米国国立衛生研究所)

登録日: 2021-07-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 医療・介護関連肺炎(NHCAP)は,主に医療ケアや介護を受ける高齢者に発症する肺炎であり,日本独自の概念として提唱されている。耐性菌リスクや予後の点で,市中肺炎と院内肺炎の中間的な位置づけとなり,繰り返す誤嚥性肺炎など予後不良の終末期の肺炎像を呈することも多い。なお,NHCAPは米国における医療関連肺炎(HCAP)に対応する分類として提唱されたが,現在,HCAPは米国胸部疾患学会/米国感染症学会(ATS/IDSA)のガイドラインから削除されている。

    ▶診断のポイント

    NHCAPは,医療ケアや介護を受けている人に発症する肺炎であり,①長期療養型病床群もしくは介護施設に入所している(精神科病棟も含む),②90日以内に病院を退院した,③介護(performance status 3以上)を必要とする高齢者,身体障害者,④通院にて継続的に血管内治療(透析,抗菌薬,抗がん化学療法,免疫抑制薬などによる治療)を受けている,という項目のうち,1つ以上の項目を満たす対象者の肺炎を指す。症状は,発熱,咳嗽,喀痰,息切れなどであるが,高齢者肺炎が主体のNHCAPでは食欲低下,失禁,日常の活動性低下など,典型的な呼吸器症状を呈さない場合があることに注意する。したがって身体所見では,呼吸数の増加や経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)の低下などの所見に注意する。NHCAP患者における検出菌は,市中肺炎と異なり耐性菌が多い傾向にある。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    NHCAPについては,市中肺炎(CAP)では標的にされない耐性菌が約20%程度に分離される。肺炎球菌をはじめとしてCAPで多くみられる菌に加え,口腔内連鎖球菌,腸内細菌や嫌気性菌の頻度が増していることも報告されており,敗血症の有無,患者の重症度や耐性菌リスクに合わせて,抗菌薬治療を変更する必要がある。NHCAPの重症度判定は様々なスケールがあるが,日本呼吸器学会が定めたA-DROPシステムやIDSA/ATSが定めたPneumonia Severity Index(PSI)等を用いる。耐性菌リスクは,A.過去90日以内の経静脈的抗菌薬の使用歴,B.過去90日以内に2日以上の入院歴,C.免疫抑制状態,D.活動性の低下,などで総合的に判断する。特にこれらのうち2項目以上満たす場合には,耐性菌の高リスク群と判断する。実際の臨床現場においては,過去に患者の喀痰の培養検査で認めた細菌の情報が最も重要である。特に重症度が高い症例においては,過去に喀痰の培養検査で認めた細菌をカバーする抗菌薬の選択が望まれる。

    残り807文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top