株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

CRPCの薬物治療について最近のトピックスを教えて下さい

No.5083 (2021年09月25日発行) P.51

藤澤正人 (神戸大学大学院医学研究科腎泌尿器科学分野 教授)

三宅秀明 (浜松医科大学泌尿器科教授)

登録日: 2021-09-25

最終更新日: 2021-09-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 去勢抵抗性前立腺癌(castration resistant prostate cancer:CRPC)に対して,最近,様々な薬物が使用できるようになっています。薬剤の使用について,浜松医科大学・三宅秀明先生にご回答をお願いします。

    【質問者】

    藤澤正人 神戸大学大学院医学研究科腎泌尿器科学分野 教授


    【回答】

    【新規ホルモン薬,タキサン系抗癌剤などによる逐次治療を行う】

    多くの有効な薬剤がCRPCに対して使用可能となりました。このことは前立腺癌患者にとって大きな福音ではありますが,治療体系が非常に複雑化しており,これに精通することは泌尿器科医に課せられたきわめて重要な使命です。

    CRPCに対しては,まずアンドロゲン受容体経路阻害作用を有する新規ホルモン薬(アビラテロンあるいはエンザルタミド),ついでドセタキセル,カバジタキセル(いずれもタキサン系抗癌剤)の順に薬剤を導入する逐次治療が,最適であると考えられます。その根拠としては,新規ホルモン薬間には高度の交差耐性が存在し,連続した投与が好ましくないこと,CARD試験によりカバジタキセルを三次治療として導入することの有用性が示されたこと,などが挙げられます。

    また最近,BRCA遺伝子変異を有するCRPCに対してPARP阻害薬であるオラパリブが承認されました。大変有効な薬剤ではありますが,BRCA遺伝子変異の検索に伴う諸問題のため,現状のシステムのもとではオラパリブが広く普及するまでにはかなりの時間を要するのではないかと予想されます。なお,転移を有さないCRPCの中で前立腺特異抗原(prostate specific antigen:PSA)倍加時間の短い症例に対しては,アパルタミド,エンザルタミド,ダロルタミドの3剤の有効性が示されており,これらの薬剤を使用して治療を行うことが一般的となりつつあります。

    残り536文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    関連物件情報

    もっと見る

    page top