株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

尿道炎[私の治療]

No.5084 (2021年10月02日発行) P.43

末金茂高 (久留米大学医学部泌尿器科准教授)

登録日: 2021-10-02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 尿道炎は,尿道から入った原因微生物が尿道粘膜に付着し発症する。そのほとんどが性感染症(sexually transmitted infection:STI)である。治療内容が異なるため,淋菌性尿道炎と非淋菌性尿道炎(クラミジア性,非クラミジア性非淋菌性)の鑑別が重要となる。また,STIであるためパートナーの治療も同時に行うことが肝要となってくる。稀ではあるが,淋菌およびクラミジアでは精巣上体炎へと進展することがあるので注意を要する。

    ▶診断のポイント

    【症状】

    排尿時痛や尿道分泌物の増加を認め,発熱は認めない。淋菌性尿道炎は1週間以内の潜伏期間で急激に発症し,強い排尿時痛・膿性の尿道分泌物を認めることが多い。一方,非淋菌性尿道炎は2週間前後の潜伏期間があり緩やかに発症し,症状に乏しく尿道分泌物は漿液性であることが多い。

    【検査】

    初尿の白血球の有無を確認する。また,淋菌およびクラミジアは初尿の核酸増幅法で診断が可能である。淋菌性尿道炎の2~3割でクラミジアが重複感染しているため,同時検出の核酸増幅法検査は必須である。淋菌性尿道炎では,尿道分泌物の塗抹標本で白血球に貪食されたグラム陰性双球菌が観察され,初尿沈渣で多数の白血球とともに淋菌が検出できる。

    非クラミジア性非淋菌性尿道炎は保険収載された診断法がなく確定診断ができないため,除外診断となる。その中で,原因微生物として確定しているのはMycoplasma genitaliumとトリコモナスである。トリコモナス性尿道炎は,尿沈渣の鏡検で波動のある原虫を観察できることがある。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    淋菌性尿道炎に対して有効とされる薬剤はセフトリアキソンナトリウム水和物(CTRX)とスペクチノマイシン塩酸塩水和物(SPCM)のみである。しかし,淋菌性尿道炎の約3割が淋菌咽頭感染を有していると報告されており,SPCMは咽頭感染に対して効果が乏しいため第一選択はCTRXとなる。クラミジア性尿道炎に対しては,マクロライド系,テトラサイクリン系,キノロン系のうち抗菌力のあるものを投与する。

    問診で尿道炎が疑われたら初尿もしくは尿道分泌物の鏡検を行い,淋菌が疑わしければCTRXを投与,淋菌を示唆する所見が乏しければクラミジアを想定した治療を開始する。治療開始前に淋菌およびクラミジアの同時検出核酸増幅法検査を提出し,再診時に確認を行う。重複感染を認めた場合は追加でもう一方の治療も行わなければならないため,再診の重要性を患者に説明する必要がある。治療効果判定は2~3週間後に再度核酸増幅法を行うことが望ましい。同時にパートナーへの治療を行うとともに,治療期間内の性交渉時(オーラルセックスを含む)はコンドームを使用するよう,指導をする。

    残り915文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    関連物件情報

    もっと見る

    page top