株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

特発性正常圧水頭症でシャント術を進める際の注意点について

No.5110 (2022年04月02日発行) P.49

岩崎真樹 (国立精神・神経医療研究センター病院脳神経外科部長)

山田茂樹 (滋賀医科大学脳神経外科学講座病院講師)

登録日: 2022-04-03

最終更新日: 2022-03-31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 治る認知症として知られる特発性正常圧水頭症(idiopathic normal pressure hydrocephalus:iNPH)ですが,アルツハイマー病などほかの変性疾患を合併する例があったり,対象が高齢者であったり,シャント術の実施にどの程度のメリットがあるのか判断が難しいことがあります。また,ご家族が過大な期待を持っていることも多く,どのような説明が良いのかなど,診療のコツを教えていただけると幸いです。
    滋賀医科大学・山田茂樹先生にご解説をお願いします。

    【質問者】

    岩崎真樹 国立精神・神経医療研究センター病院 脳神経外科部長


    【回答】

     【初見では一歩引いて,手術すると決めたら最後まで見届けるつもりで全力を尽くす】

    歩けなくなる,転倒する,物忘れ,頻尿,トイレまで我慢できない切迫性尿失禁など高齢者が要介護に陥るiNPHにおいて,髄液シャント術は患者本人の生活的自立だけでなく,自尊心の回復と介護者の負担軽減が期待されます。ただし,手術で症状が改善する程度は,年齢や基礎疾患,特にアルツハイマー病などの神経変性疾患や脳卒中などの併存の影響を受けます。さらに,入院と全身麻酔が必要な手術は認知機能を悪化させる要因であり,興奮・徘徊・暴力などの活動性せん妄や摂食障害などの非活動性せん妄を引き起こします。加えて,オーバードレナージによる慢性硬膜下血腫やシャント感染などの合併症も,加齢や糖尿病などの基礎疾患で高くなります。

    しかし,紹介元の医療機関では負の情報は説明されていないことが多く,患者と家族は治ると期待して来院されますので,筆者は初見では一歩引いて,たとえ典型的な3徴とくも膜下腔の不均衡な拡大を伴う水頭症(disproportionately enlarged subarachnoid space hydrocephalus:DESH)の画像所見がすべてそろっていてiNPHと確信しても,安易に手術を勧めることはしないようにしています。

    残り600文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    もっと見る

    関連物件情報

    page top