株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

難治性喘息の治療

No.5079 (2021年08月28日発行) P.44

寺西周平 (横浜市立大学呼吸器病学)

金子 猛 (横浜市立大学呼吸器病学主任教授)

登録日: 2021-08-31

最終更新日: 2021-08-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【生物学的製剤と気管支熱形成術について】

難治性喘息は,「コントロールに高用量吸入ステロイド薬および長時間作用性β2刺激薬,加えてロイコトリエン受容体拮抗薬,テオフィリン徐放製剤,長時間作用性抗コリン薬,経口ステロイド薬,抗IgE抗体,抗IL-5/IL-5受容体α抗体の投与を要する喘息,またはこれらの治療でもコントロール不能な喘息」と定義され,喘息患者の5~10%を占めるとされる1)

抗IL-5抗体はIL-5に結合しその機能を抑制するのに対し,抗IL-5受容体α抗体は好酸球表面のIL-5受容体α鎖へ結合し,増強された抗体依存性細胞障害活性を介して好酸球のアポトーシスを誘導し,血中と気道の好酸球を除去する2)。これらの生物学的製剤に加えて,気管支平滑筋量を減少させる気管支熱形成術(BT)も保険適用となった。生物学的製剤については,通年性吸入抗原陽性で血清総IgE値30~1500IU/mLのアトピー型喘息には抗IgE抗体,血中好酸球数>150/μLまたは喀痰中好酸球比率>3%と好酸球性気道炎症を示す際にはIL-5関連抗体が良い適応とされる1)

難治性喘息の治療において,IL-5関連抗体の使いわけ,生物学的製剤とBTのどちらを優先すべきか等の課題が山積している。さらに2019年,抗IL-4/13受容体抗体も使用可能となった。これらの治療を適切な症例に届けるためのバイオマーカーの開発が急務である。

【文献】

1)日本呼吸器学会:難治性喘息診断と治療の手引き2019. メディカルレビュー社, 2018.

2)Kolbeck R,et al:J Allergy Clin Immunol. 2010; 125(6):1344-53. e2.

【解説】

寺西周平,金子 猛 横浜市立大学呼吸器病学  *主任教授

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科(泌尿器科)・消化器外科 各1名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。
現在、指定管理者制度により医療法人社団 苑田会様へ病院の管理運営を行っていただいております。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
6階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
2022年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
又、地域から強い要望がありました透析業務を2020年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科)医の先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

●人口(島原半島二次医療圏の雲仙市、南島原市、島原市):126,764人(令和2年国勢調査)
今後はさらに、少子高齢化に対応した訪問看護、訪問介護、訪問診療体制が求められています。又、地域の特色を生かした温泉療法(古くから湯治場として有名で、泉質は塩泉で温泉熱量は日本一)を取り入れてリハビリ療法を充実させた病院を構築していきたいと考えています。

もっと見る

関連物件情報

page top